フォトアルバム
Powered by Six Apart

« ルイーズ&フェレーラ | メイン | 2013年 »

2012年12月26日 (水)

2013年 ブルース・カレンダー

Cimg1498

3年ぶりに参加させていただき、1年分の笑いをいただいた象乃会も無事終了し、今年も残す所あと僅かになりました。大掃除やら買出しやらなにかと忙しい所ですが、本日は来年度のブルース・カレンダーの御紹介でございます。
「またか?オマエはテフテラーのまわし者か!」「その場しのぎのネタで誤魔化す気か!」という非難の声も聞こえてまいりますが、しばしの御辛抱を・・・。
今回のカレンダーの目玉は何と言ってもリル・マクリントック(初対面!なぜに山高帽子?)と鮮明なクリフォード・ギブソンの写真が紹介されている所でしょう。オマケCDも「あっ!!」と驚くような作品は少ないですが、お馴染みの方々の代表的な作品が多く収められており、けっこう楽しめるのではないでしょうか。
個人的には、昨年も収められていたハーラム・スカラムの「アラバマ・スクラッチ」が一番興味を引かれた作品でございます。ビッグビルのギターも快調に飛ばしますが、何といってもモーゼル・アルダースン嬢の酔っ払いぶりが素晴らしい!これ、完全に出来あがってはりますね。
パラマウントのグラフトンのスタジオにはレコーディングルームの横に酒の貯蔵庫があって、演奏の前には自由に酒を飲ませていた、ということですが、下品な笑いっぷりから飲みすぎて完全にハイになってはる様子が伺えて聴いてるこっちまで楽しくなってきます。
このモーゼル・アルダースン嬢ですが、カンザス・シティー・キティーやらメイベル・リーやらジェーン・ルーカスやら多くの変名で録音は残してはるのですが、その正体はよくわかっておらないのが残念でございます。
しかし、ここで引き下がるのも片腹痛い。いろいろ調べて、やっと1927年5月27日付のシカゴ・ディフェンダー紙に掲載されたブラック・パティレコードの広告にそのお姿を発見いたしましたぞ。どや!これがピアニストのブラインド・ジェームス・ベックと共に紹介されたその正体じゃ!
Cimg1500

え?何ですか?ようわからん?一回、眼医者に行きなはれ。

ということで、本日はおそらくアルダースン嬢が完全に酔っ払う前に録音したと思われるお馴染みのこの曲でおひらきといたします。


YouTube: HARUM SCARUMS - Come On In (Ain't Nobody Here But Me)


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347067/30675425

2013年 ブルース・カレンダーを参照しているブログ:

コメント

先日ぁご苦労様でした・せんせ
せやけどそのリンクはちょっと・・・ban

あー3年ぶりやっちゅーのに
もっと音楽の話もしたかったですネ
(お前がしょーもない事ばっかししとったさかいやないヶ)って?

いゃアレはエンドレスのおっさんが僕を触発させてですね・・・
あ、大事な接着剤とれてもたから営業終了とします coldsweats02

またお会いできる日を楽しみにしてます。 

なかなか美形なウイスキー・ハーテッド・ウォマンな感じでよいですね~
理想はニューオリンズ時代のビリー・ホリデーで
次は若々しい頃のスパイヴィーかも・・・
来年も楽しみに気長に待ってます~snail

久しぶりです!

この<Come on in>という曲は始めて聞きましたが、ホーアムソングの典型みたいな曲ですね。
タンパ・レッドにも似た曲があったなあ、などと思ってしまいました。
しかし、CDの悪魔と神が教会で出会う、というタイトルはすごいです。
結構気があったりしたりして。

おぎてつ

ドクたさんへ>
いや~エンドレスさん、噂に違わず大した人物でしたね。お互いまだ生きてたらまたお会いいたしましょう。birthday

ジャンゴさんへ>
いつも覗いていただいて感謝でございます。当方ジャンゴさんの様に多彩な技術も持ち合わせておらず、徒に駄文を連ねるだけですが、よろしゅうお頼み申し上げます。clock

ogitetsuさんへ>
お久しぶりです。と、言ってもいつも覗かせていただいておりますよ。Come on inは、有山淳二と上田正樹の「買い物にでも行きまへんか」の元歌でございますよ。cherry

コメントを投稿