フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 臨時ニュース | メイン | ハリー・チャールズ大いに語る③ »

2012年2月27日 (月)

ハリー・チャールズ大いに語る②

230804_cd_paramount_ad_ida_cox_de_2

「少し間があいてしまいましたが、続きをお願いします。ハリーさん。」
「よっしゃ。パラマウントが本格的に黒人向けレーベルとして活動を始めた経緯については
前回ちょっと話したと思うが、問題は南部での販売ルートの開拓にあったわけや。
なんせ当時は、最大の顧客と考えられる黒人人口の9割近くが南部に住んでたもんやさかい、ここを押さえん事にはどうにもならん。」
「なるほど。」
「親会社のウィスコンシン・チェア・カンパニーも結構大きな家具メーカーやったが、南部には販売ルートは皆無や。そこで一からスタートする必要が出て来たわけじゃ。」
「そういう時に卸売先として契約にこぎつけたのがバーミンガムに本社を置くフォーブス・ピアノ・カンパニーだったわけでしょ?なんでも、ハリーさんの進言が大きかったとか?・・・。」
「そういうことや。ワシも既に辣腕セールス・マネージャーとして信頼されてたから『パラマウントと契約しなはれ。今の時代、黒人家庭も3軒に1軒簡易型の蓄音機がおまっせ。このビジネスチャンスを逃す手はおまへん』とか社長に言ったら即決やった。わははは。それに、小さい頃から黒人音楽にワシも心惹かれる所も大きかったし・・・。」
「しかし、小売店の開拓とかが大変やったのとちゃいます?」
「そらそうや。『何が悲しゅーて黒人向けレコード扱わなあかんねん』『儲かるかもしれないけど、黒人客に出入りされるのも、ちょっと困りまっせ。』てな風潮が一般的やった南部の事や、一口では語りつくせん苦労もあったよ。しかし、それにもめげずワシは宣伝マンとして南部諸州を車で移動しながら営業に努めたぞ。週に2000マイルは走ったで。3カ月に1台、新車も乗りつぶすほどやったな。おかげで、調子のエエ時には1日に500ドルの契約を取る事もできたがな。はははは。そうこうしてるうちにパラマウントがワシの目ざましい働きぶりに注目しよってな、『いっそのこと、うちの会社に来てもらえませんか』ちゅうてヘッド・ハンティングされたわけじゃ。」
「ほ~。こういう写真↓の様な感じやったんでしょうね?」

Unknown_man_and_a_model_t_ford_c_19

「ま、そんな所やが・・・。ワシはもっとエエ男じゃぞ。」
「えらいすんまへん。」
「しかし、契約にこぎつけるためには色々と知恵を絞ったで。」
「といいますと。」
「たいがいは、ワシの舌先三寸で話は済むのやが、どうしても頑固なディーラーも中にはいててね『大手のコロンビアやビクターならともかく、わけのわからんメーカーのレコードは取り扱わん』と来たわけや。それであの時は数名の黒人にお金を掴ませて『パラマウントのレコードおまへんか?』と一芝居打たせてね・・・・たしか200ドルか300ドル売りつけたったぞ。はは」  「わりと古典的な手法ですね?」 

「それと、厄介な時には直接レコード吹き込ませた説教者を使ったりもしたぞ。」

「といいますと?」

「当時アラバマで人気のあったJ・Oヘーネスちゅう説教者がいててな。そのピクチャーレコードまで作った事もあって、ヘーネス師に言う聞かんミュージックショップに出向かせて説教させたんや『今や仏蘭西は神から背を向け、悦楽を欲しいままにする民族的自殺の道に落ち込んでしまった。英吉利も亜米利加も、いかがわしい飲み屋や酒場によって酔っ払い天国に堕落しようとしておる!パラマウントをよろしくねheart04』ってなもんですわ。」

「そのレコードちゅうのは、3000番代の白人向けヒルビリー・シリーズですね。これだっか?」

Revhanesportraitdisk

「そうそう。しかし、この3000番代、結局3323番まで出たんやが、売れ行きはパットせなんだぞ。ま、それはともかく、レコードを売ってくれそうな場所にはすべて足を運んだで実際の話。家具屋はもちろんの事、プランテーションの雑貨店、宝石店に靴磨き店、散髪屋からキャンディー・ストア・・・・・」

「そんな場所でもレコード売ってたんですか?」

「そう言うこっちゃ。もっとも最大のお得意さんはデパートやで勿論。プレハブの仮設販売ブースを作らせてもらったり、ラウド・スピーカーで音楽を流してもらったりして結構儲かったぞ。週に6000ドルの売り上げがあったデパートもあったんやで。」

「左様か。というわけで、話ばっかりも何なので本日は、アルバータ・ハンターを聴いてもらいませう。」


YouTube: 78 RPM: Alberta Hunter - You Shall Reap Just What You Sow

「あ~懐かしや。アルバータさん。初期パラマウントの最大の功労者やで。しかしあいかわらず音がナニやね?」

「なんで、こんなにスクラッチ・ノイズが多いんですけ?やはり技術的な問題ですかね?」

「というより、材質の問題や。含まれてるシェラックの量が少なすぎるんや。これも経費を抑えようとする会社の方針の結果といえるな。」

「といいますと?」

「だいたい当時の常識として、良質レベルのレコード100枚を作製するには少なくとも1ドル50セントが必要と考えられてたんやけど、絶対それ以下の経費で済ませようとするのがパラマウントやったんや。」

「あらら」

「そんなわけで、音質の悪さというのも他のメーカーに比べ不利な点でやったんや。録音技術が機械録音から電気録音に移行するようになってから、ますますその欠点が大きく目立つようになってきてしもうた・・・。」

更に続く


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347067/27999801

ハリー・チャールズ大いに語る②を参照しているブログ:

コメント

シェラックの量をケチって、ピクチャーレコード作るて
(スケベ根性の極みですネ)

ハリーさんはにっぽんのモーレツ社員
みたいな方ですなぁ
記事読んでて
植木等の無責任男より森繁の「社長漫遊記」の方が近いかなと・・・
(ふるい話すな?)
どっちもちがうわぃ

だ・だってぇ~ン happy02

バビさん おじゃまします

なるほど!レコードの材質ですか
ケチなユダヤ系白人?のやりそうな事でおますね、、、

んで、やっぱ今も昔も足で稼げ!
これは、普遍だという事がわかりました

ブルーズっていう黒人音楽っていう
白人にとっての金儲けの手段が、もし無かったら、、、歴史は

どうなっていたんでしょうね、、、
(^_^;)そんな事を思うようになりました

おじゃましました  では股

ご、ごめんくださぁぁい…

あっ 開いとる開いとる
よかたよかた

いやぁ やっぱしココはおもろいなぁ 知らんことばっかりやし。

ところてん
ちっちゃい頃聞いていたオマケの
ソノシートってぇのは
じつはスゴク音が良かったんだ
と思ったりしました。

バビロンさん

チョイとすいません、場所をお借りします。

いのさん。
いのさんのところのブログがどうしても繋がらないのです…。
プロバイダーの問題ですか?

オギテツ

ドクたさんへ>
はて?ヤングの私には何を言っておられるのか理解に苦しみますけろ・・・。
ところで例の元サラ金弁護士タレント暗殺指令の件ですが、ブードゥーの呪いをかけましたので、そのうちポックリと・・。scorpius

おいやんさんへ>
ま、現代では音楽そのものが一つの巨大産業化してまっさかいに・・。困ったもんですね?event

いのさんへ>
ソノシート!なんと懐かしい響きでせう。あのペラペラ感もデジタル化の現代では味わえなくなってしまいましたな。despair

オギテツさんへ>
はて?いのさんとこ繋がりませんか?こっちはサクサクつながりますが・・・。
ひょっとしていのさんFBIかCIAからマークされる様になったのかも。
「枝豆昆布・鯛焼き」密輸の件がばれたんとちゃいます?ban

オギテツさん>
ほんまにすまんこってす。ブログの親許が海外からの攻撃に耐えきれず国内限定にしたせいであります。ものは試しに短縮アドレス経由で開いてみてくだされ。ダメだったらごめんなさい。facebookで井口之夫を探してくだされ。

短縮URL
http://p.tl/gExF

コメントを投稿