フォトアルバム
Powered by Six Apart

« ガーフィールド・エイカーズその後 | メイン | 太陽光発電買い取り価格値上げ »

2009年11月 1日 (日)

高野山町石道踏破

Photo

2009年10月31日の午前8時過ぎ、南海電鉄九度山駅に不審なオッサン5名が集結していた。(いっちゃん右の方はでんでん知らない人)
これから、高野山までの21キロメートル・所要時間7時間のハイキングコースに挑もうというのである。
「もちろんバビさんも行くやろ?60過ぎのワシでも行くねんからな。」
と誘われたので、しかたがない。職場での日頃の付き合いもあり、私も参加させていただくことになりました。
「何度も登ってますけど、大したことありませんよ。」というY先生の言葉を信じて頑張るぞ!
Photo_2

てなわけで、九度山の街並みを抜けて慈尊院からスタート。ゴールまで1町(109メm)ごとに立っている石塔180本を目印に出発!
Photo_3

しかしいきなり、けっこうキツイ山道が続く。大丈夫か?

Photo_4

眼下には紀ノ川の流れ。「けっこう歩いたな。」と思えども、石塔の示す数字はまだ170番台。あらら~~。

Photo_5

歩くこと約1時間半。はやくも遅れ始めるオッサン達。ペースを合わせてたら
自分も疲れるので、ここは非情に徹して先に行かせてもらうことにする。

Photo_6

ようやく途中の展望台に到着。景色が若干霞んでいたので、案内板で堪忍。
疲れと、尿意でデジカメを撮ることを忘れる。石塔の数字は50番あたり。

Photo_7

「やったー!」最後の急斜面を登り切り、やっと高野山大門に到着。
しかし、待てど暮らせど後続の3名は現れず。
「ひょっとして遭難か?」「熊に襲われたのか?」と心配になるが、1時間以上遅れて16時30分頃に到着。約1名が途中で足を痛めたのが原因らしい。

「何はともあれ、全員がゴールできた事は喜ばしい。よかったよかった。」てなわけで、また来年もという話も浮上してきました。
皆様もお暇な時に、お出かけになられてはどうでしょうか?
私は、もう2度と行く事はないでしょうけろ。
ちなみに、ルートマップはコレです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347067/22170715

高野山町石道踏破を参照しているブログ:

コメント

え〜、21キロ7時間のコース〜〜〜?!
うへ〜〜〜、聞いただけでも恐ろしい〜〜〜。

昨日は暑かったから、
汗だくになったのでは?

今日は筋肉痛になった?
・・・かどうかを聞くのはやめとこう smile

21キロ?
教育者が・・・・・
なんぼブログやっちゅうても
ウソはいけません、ウソは・・。

紫陽花さんへ>
歩いてるうちは汗だく、休憩中は冷え冷えで往生しました。
筋肉痛は大丈夫です。歳のわりに丈夫です。わはははは。snow

ドクたさんへ>
ウソちゃいますがな、ほんまちよこでっせ。
ちゃんとルートマップも示してます。
プンプン。sun

最近
同業者による山登りが流行ってます
しかも
おっさんばっかし
http://2.suk2.tok2.com/user/Jaboo/?y=2009&m=10&d=27&all=0
ここは
僧侶組合の山登りのようですが

ボクは
同業者で魚類棲息調査に専念しており
山には足を向けません
決して

ぢさんも頑張ってはりますね。
しかし、冬場は寒うてかないません
魚類棲息調査もええですけど、たまには六甲山riceball縦走とかは、どないでっしゃろ?

コメントを投稿