フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2009年8月 | メイン | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月22日 (火)

RESPECT

Cimg1216

本日、梅田の丸ビルまで行って、泣く子も黙る女子中高生ブルースバンド「RESPECT」のCDを購入してまいりました。このバンドについてはココ 見てもろたらおわかりのように、ジョンリー・フッカーやらマディーやらに憧れ、幼少の折からライブハウスなどで腕を磨いて来たという姉妹が中心となって結成されたそうな。今までは「ブルースなんていう音楽は、とうてい若い女性には縁のない音楽で、むくつけきおのこどもにしか受け入れられないもの。という固定観念があったのですが、みごとに彼女たちにその偏見も打ち破られてしまいました。オッチャンはとても嬉しい。おまけに全員がギター、ベース、ドラム、ハープ、サックスを楽勝でこなしはります。その点においても、TVやらに出てくる能無しアイドルグループ達とは雲泥の差ですな。ボーカルの紅葉ちゅう子なんか、やっと15歳になったばかりらしいですが、アレサ・フランクリンも「あれさ」と驚く素晴らしさでございます。聞くところによると、ガロート珈琲店にも先日「ライトニン好き好き女子」が現れたというし、いよいよ本邦でも本格的なブルースブームの再来か!と胸高鳴る今日この頃でごじゃります。

この娘達のブログ見ると、三者面談やら文化祭の話なんかがあって、ごく普通の中高生と変わらない所が微笑ましいですね。

2009年9月21日 (月)

はりなかの

Cimg1212

シルバー・ウィークの真っ只中、実家のある針中野まで行ってまいりました。
針中野という地名は、小児針で有名な「中野家」から来ているという事は皆様ご存じの事と思いますが、え?どこやそれ?聞いたこともない?あらら~~~。
ま、そういう事もあって、この辺の子供は小さい頃から悪戯をするたびに「いっぺん針打ってもらいに行こか!痛いぞ~。無き叫ぶぞ~。」と親から脅されたものでした。近くには天神橋筋・千林と並ぶ「大阪三大商店街」の一つ駒川商店街もあり、買い物にも便利。お暇な時には是非お立ち寄りを・・・。
Cimg1211

Cimg1213

Cimg1214



2009年9月15日 (火)

父と娘の絆

昨日、珍しく娘から「お父さん、レゲエのレコード持ってる?」と言う質問を受けました。
なんでも最近レゲエに興味を持ってるらしく、色々と聴いてみたくなったとの事。
「そんなにも持ってないけど、どういう風な?ボブ・マーリーとかジミー・クリフとか?」
「へー。外国の人も演ってはんねんね。」
「外国の人もって、レゲエと言うのはジャマイカの音楽やがな。物知らん奴やな。」と一瞬、言いかけましたが、それを言ってしまうとポール・祭文の『母と子の絆』ならぬ『父と子の絆』がプッツリと切れてしまいかねません。ましてや痛恨の
レディー・キング事件以来、ただでさえ音楽の話題が皆無となってしまった娘との関係を修復するためには慎重な行動が望まれる所でございます。
そこで、とりあえずは手近にあったピーター・トッシュのアルバム「イコール・ライト」を手渡し、その反応を期待を込めて待つことといたしました。

~約30分経過~

「あれ?もう全曲聴いた?えらい早いがな。ど、どやった?けっこういけるやろ?」
「う~~~~~ん。」
「へ?」
「なんか子どもの声みたいで正直、聴くのが辛かったわ。ほな風呂入って寝るわ。」
という事で、今回も残念な結果となってしまいました。しかし「子どもの声」というのがどうも腑に落ちない。もしや、と思ってプレーヤーを見てみると45回転にセットしてありました。
シングル盤=
45回転。LP盤=33回転という常識も、CDしか知らない娘には通用しなかった模様でございます。
時代の流れとはいえ、世代間のギャップはかくまでも・・・。と愕然といたしました。

と、毎度アホな事を書いているうちに、時刻は午前2時前。
夜中の3時を過ぎないうちに寝ることといたします。

YouTube: Johnny 'Guitar' Watson - Three Hours Past Midnight

別バージョンも聴いてちゃぶだい。
しかし、ジョニー・ギター・ワトソン特有の音色ですね。

2009年9月 8日 (火)

世紀の大発見!?

Photo

「ハンドルネームで呼び出そう」「MY FAT LITTLE MAMA」等の一連の名作を残したまま、天王寺動物園で忽然と姿を消したという謎のブルースマンDOCTOR HERAの幻のアルバムが、遂にブルース・リサーチャー、「サーサ・キング博士」によって発見されたというビッグニュースが飛び込んでまいりました。残念ながら発見にいたる詳細については、「ちょっと、さしさわりがあるので今は言えない。」という事ですが、南海高野線の萩之茶屋駅ガード下の露店で見つかったのではないかという推測がなされているそうであります。それはともかくこのアルバム、バックは良い子は誰でも知っているあのBomBeesが務めており、その内容の高さが大いに期待されるところです。
「50万ドルの最低落札価格でオークションに出されるらしい。」とか、メジャー・レーベル各社が『この顔にピンときたらひゃくとう、いや失礼、連絡してね』と大々的な広告を出して争奪戦に乗り出すとかの噂が早くも飛び交っております。
アンゴラ刑務所で獄死したのではないかともいわれる
DOCTOR HERAですが、「メンフィスの路上で演奏しているのを見た。」「ハドソン川で釣りに興じてた男はドクター・ヘラにそっくりやった。」「日本橋で中古レコード漁ってた。」とか様々な目撃情報も報告されており、今後の展開も予断を許さないこととなってきました。

え?画像が小さすぎてよくわからない?そしたら「サーサ・キング博士」のココ見てちゃぶだいね。

2009年9月 7日 (月)

久方ぶりのガロート詣

本日、久しぶりにガロート・コーヒーまで出かけてまいりました。
「いっぺん歩いていってみたれ。」と実家の針中野から歩いて行ったのですが、これがまー大誤算。暑さのため途中で行き倒れかけるわ、オシッコしたくなるわと、えらい目にあいました。
Cimg1209

長池で釣りを楽しむオッチャン。

Cimg1210

桃ケ池でも釣りを楽しむオッチャンたちが・・。この糞暑いのにごくろはんです。

しかし、ガロート・コーヒーでは、いつも通りの「ぐっど・みゅーじっく」と楽しいpeiさん御夫妻のお話を聞かせていただき、よかったよかった。
ワシントン・フィリップスのSPも聴かせていただいたのですが、なんと最近、若い女性からリクエストがあったらしい。(日本の将来に希望の光が!そないたいそうなことでもない?そう?)

やっぱりいいですね独特の雰囲気を醸し出してくれてはります。
ワシントン・フィリップスさんの弾いてる楽器については、昨年、ちょろっとだけ紹介させていただきましたが、ライ・クーダー氏が唱えてる鍵盤楽器の「ドルセオラ」ではないようですね?コレ聴くで限りは。 

ピーカートン、いや、ピーカン・パイも御馳走になりました。おおきに。えへへへ。

M_e38394e383bce382abe383b3