フォトアルバム
Powered by Six Apart

« ROUGH ALLEY BLUES | メイン | えらいこっちゃがな! »

2009年2月 7日 (土)

Moanin` At Midnighit

Photo

いや~。実に面白かった。なるほどねー。そういう事やったんか。
え?何を一人でぶつくさ言うとんねん、って?
いいえーな。ウルフさんの自伝本の事ですがな。
実に興味深い事が書かれております。1963年に全米を揺るがせることになるミシシッピ大学で、既にフラタニティの白人の若者の招きで演奏してた話とか、ドラムを叩いているうちに、ポケットに入れた拳銃が暴発して自分の睾丸を撃ってしまったサム・レイの楽しい?逸話とか興味深いのがてんこ盛り!物騒な話も山ほどありますな。
ウルフを好きな方もそうでない方も、ぜひ御一読をお願いいたします。(
別に私が頼まんならん義理は無いのですけろね。)
という話の流れになれば、当然オマケはウルフさん。
スモークスタック・ライトニンをどうぞ!(英国での演奏でしょうか?)

いや~。圧倒的な存在感ですね。こんな人、もう二度と現れないのとちゃいまっしゃろか。
ロックバンドの「ザ・フー」ちゅうのも演ってるんですが、あきませんね~。ウルフに似せようと一生懸命、叫んではるんですが・・・。
「ふ~」とため息が出てしまいます。
あ、あと意外なことに(でもない?)この人も演ってはったんですね。こっちゃの方が、ロックの兄ちゃんらより背伸びをしてない分、好感が持てます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347067/18461250

Moanin` At Midnighitを参照しているブログ:

コメント

昔々、ウルフのダミ声に憧れて
真似して歌ってその度に扁桃腺が
腫れてね扁桃腺に直接注射されました。
友から呼ばれても返答せんなんてね。
ラフ、タフ&セクシーの第一人者っすよ。

うほほ、完読ですか!
ボクまだ、睾丸を打ち抜いたところまでです。
初めて知ったことも多いし、面白い本です。
よりウルフさんが好きになりますね~。heart02

しかし、このオッサンは汗っかきですよね。いつも、腰に手ぬぐいみたいなのをぶら下げてますし。

汗と一緒に男の匂いもプンプンさせたのでしょう。ウルフはやはり、アニマルに近い。
コーヒーの香りのする、例のアロマ飲料でも飲ませたろうか?

オギ

ジャンゴたけさんへ>
ほ~。扁桃腺が腫れるまで真似して歌いはったんですか。ご苦労さんでした。まだまだ人生、先があります。もうひと踏ん張り頑張ってください。denim

ken-Gさんへ>
たいがいこの手の本は、やたらと主人公を美化する傾向があると思うんですが、これは、そうでない所がええですね。fastfood

オギテツさんへ>
コーヒー臭のウルフですね。どっちか言うたら密造酒臭のほうが、ピッタリかと・・・。ban


コメントを投稿