フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2008年12月 | メイン | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

故障してもた!

Photo

毎日元気に働いてくれてた生ゴミ処理機君が遂にダウン!急遽修理に出す事とあいなりました。
キッチン、ダイニングを二階に設けたため、ゴミ処理対策として導入した生ゴミ処理機ではございますが、いざ使用してみると、これがまた便利、便利。夜にスイッチを押しておくだけで翌朝には、かさばってた生ゴミも乾燥した子犬のウ○コみたいな状態に大変身!おかげでゴミ出し作業に伴う労力も大幅に軽減されましたな。
その愛すべき生ゴミ処理機君が急にウンともスンとも言わないようになってしまいました。果たして無事に直るのか、それともこのままお釈迦になってしまうのか・・・。
我が家の命運を賭けた結論は明日に出る。
libra
(そんな無駄な商品に金をかけるより、液晶テレビや携帯電話を買う方が先やろ。という指摘もある。)

本日のオマケはアーリーン・ブラウン姐さん のライブ映像。ひとーっつも上手い事ないぞ、と感じられるかも知れませんが、あいや待たれい!この場末の大衆演劇を彷彿とさせる生命力。素晴らしいではございませんか。

2009年1月23日 (金)

チャーリー・リンカン&ウイリー・ベイカー

Photo

さてさて、本日の作品は、戦前ジョージア州のアトランタで活躍した「ラフィング・チャーリー」ことチャーリー・リンカンとウィリー・ベイカーの作品を集めたCDでございます。
チャーリー・リンカンの弟バーベキュー・ボブやブラインド・ウィリー・マクテルに見られるように、アトランタといえば12弦ギターの使い手を思い浮かべられると思いますが、この御両名も12弦ギター+ボトルネック・スライドという特徴的なスタイルを踏襲してはります。ミシシッピ・デルタ・ブルースとはまた一味違った、ちょっと軽めのブルース。お風呂上りに最適ではないでしょうか?   バーベキュー・ボブは29歳でインフルエンザで夭折、兄貴のチャーリーさんも殺人を犯し、刑務所で獄死という悲運によって、このユニークなスタイルも廃れてしまったのですが残念なことでごじゃります。

Photo_2

と、言う事で「わははは。」と何の脈絡も無く笑ってから歌い出す、チャーリー・リンカンのコレをお聴きください

あ、これは失礼。別人でございました。(さすがのユーチューブでもアップされてないようでございます。down

バーべキュー・ボブで辛抱してね。bell

2009年1月17日 (土)

グリティ・ソウル

Photo_2

さてさて、本日は久方ぶりのソウル・アルバムの御紹介。1981年に発表されたLPですが、ジョージ・パーキンス、クレイ・ハモンド、ジョン・パーキンスという中堅どころ御三方の実力を余すところ無く示した好アルバムとなっております。(クレイ・ハモンドさんは、かつてローウェル・フルソンと一緒に来日された事もあるのでご記憶の方も多いのではないでしょうか?。)さらに詳しいことを書こうと思うのですが、いかんせん、ソウルに関してはあまり知識を持ち合わせておらないので、今日はこの辺で失礼させていただきます。「なんやねん!手抜きもええとこやんけ!」とご立腹の皆様方におかれましては、ジョージ・パーキンスの代表作「クライン・イン・ザ・ストリート」でも聴いてご容赦願いたいところでおます。

それでも勘弁ならん、ちゅう方はクレイ・ハモンドジョー・パーキンス もどうぞ。

あ、ところで話は変わりますが、木下さんとこで78rpmのオークションが開かれております。出品はブルースとジャズあわせて100枚以上!!私も参加したいのはやまやまでございますが、肝心の蓄音機がございません。む、無念じゃ。



2009年1月13日 (火)

成人式

昨日、娘が成人式に出席いたしました。
別に行かんもでええんちゃうのん貸衣装代もバカにならんがな、と思ったのですが・・・。皆様方は自分の時に出席しました?私のばやい「こんなしょうもない儀式に誰が出るかい!」ちゅうて出ませんでしたが。ま、世代のちがいかも・・・。
Photo

やはり、成人を迎えた子どもの姿を見ると、万感胸に迫るものがあります。と、言いたいところですが、いつまでたっても頼んない我が愚娘。「両親が今、ポテチンと逝ってしもたら生きていけるんかいな。」と心配の種がつきません。もうちょっとしっかりしてくれんと困りまっせ。しかし、豆狸みたいやがな・・・。
Photo_2

2009年1月10日 (土)

帯分数

Photo_2

唐突ではございますが、上記の帯分数、皆様方はどのように読まれるでしょうか?え?three and four fifths?

ちゃいますがな、日本語でどう読むかという話ですがな。何でこんなことを尋ねるかというと、私、小学校の時分からつい3日前まで「さんごぶんのよん」と読んでおったのでございます。いや~、時代の変化には、十分対応してきたつもりだったのですが(どこがや?)、さっぱりわやでございますわ。わはははは。

ひょっとして、どこがおかしいねん?と思われている方がおられるとアレなので、御説明させていただきますと、今は「さんごぶんのよん」というらしいです。「」と読むか「」と読むか。どっちゃでもエエ事が、年寄りと若者を隔てる壁になってるらしいですわ。

というわけで手抜きの極みのネタはさておき、本日のオマケはミッキー&シルビアの「ラヴ・イズ・ストレンジ」でもお聴きください。

YouTube: Mickey & Sylvia - Love Is Strange

正直言わせてもらうと、このケッタイな曲にはどうも馴染めんのですけろ。

 

2009年1月 4日 (日)

一年の計は元旦にあり

Guiter

「もう人生も残り少なくなって来たぞ。今年こそ何か新しいことに挑戦しよう。」というわけで、部屋の片隅で埃を被ったまま放置されていたギターを引っ張り出してきて、練習を開始いたしました。(挑戦するのはブラインド・ブレイクの作品!)しかし、当初の意気込みはどこえやら、これがまー、難しい事この上ない。「あたりまえじゃ!そう簡単に弾けたら苦労せんわい!」「身の程知らずにもほどがあるぞ!」と言う天の声が聞こえて来たので、わずか1時間半で挫折いたしました。(決意するのも早いが、あきらめるのもそれ以上に早いぞ。え?自慢にならへん?)
しかし、「計られた」やったか「ハカランダ」やったかそんな名前の材質で作られたこのギターですが、結構な値打ちがあるらしく、今後どないしたらよいか悩んでおります。

という事で本日のオマケは正月に相応しく、アルのグリーンさんの”ゴッド・ブレスド・アワ・ラヴ”でもお聴きくだされ。

「こんな軟弱なやつ、あっかい!」という辛口派のオッチャンたちは、これでも聴いてください。

2009年1月 1日 (木)

祝2009年

Cow_cow

謹賀新年

今年もよろしくお願いいたします。