フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2008年5月 | メイン | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月28日 (土)

YAZOO-T

Vhkjaksx
一部マニアの間で圧倒的な人気を誇るGacha-Tシリーズ。
今年度の作品も、戦前ブルース再発レーベル「ヤズー」ロゴ
を背中にあしらい、胸部にはL-1034(「ボー・カーター」のLP番号)という、素敵な作品となっております。
「私も1枚欲しい。」「どこ行たら買えるねん?」という
声も聞こえてきそうですが、残念ながら本年度の生産は
終了となってます。あしからず。
ところで、私の場合、ボー・カーターさんの作品を始めて聴いたのが同じヤズーの「ジャクソン・ブルース1928-1938」(L-1007)に収められているOld Denilという曲でもあり、最近このLPを引っ張り出してきては、ちょくちょくターンテーブル上に乗せております。
さて、ボー・カーターといえば、あの音楽一族のチャットマン家の一人としても有名ですが、兄弟のサム・チャットマン
さんも捨て難い実力者と思うのですがどんなもんでっしゃろ?
というわけで、サム・チャットマンさん80歳頃の演奏を
ご覧下さい。
曲はトミー・ジョンソンのビッグ・ロード・ブルースを下敷きにしたものですがバチコン・バチコンとギターの弦をシバキ倒す奏法は、よりデルタ的な香りがしますね?

同じビッグ・ロード・ブルースをモチーフとする作品でも
ビッグ・ビル・ブルンジーあたりの作品は、やはり同じミシシッピ出身者とはいえ、世代が若いためか、よりスマートにしあがってるようです。

2008年6月21日 (土)

CHICAGO JUMP

Ah6szn6i
本日のアルバムは、シカゴのマイナー・レーベル「バンデラ」
(1959年から活動開始。10枚ほどのシングルを出して4年で潰れてしまいました。)の作品を中心に集めたLPの御紹介。
1979年に英国のJSPレーベルから発売されたアルバムですが、中身はなかなか充実したものとなっております。
ダスティー・ブラウン(左に写ってる、ちょっと気の弱そうなオッチャン)さんは、ヒップ・ランクシャンのギターをバックに気合の入ったハープを聴かせてくれますし、ギタリストとして一部の好き者の間で人気のあるジミー・リー・ロビンソンさん(右下のちょっと不思議な容貌のお方)もハイピッチな味のあるボーカルを聴かせてくれます。
まだまだ、シカゴにおけるブルースが黒人大衆に人気があった時代、こういうユニークなミュージシャンもたんといてはったんですね。
なお、真ん中でにこやかに笑ってはるジョニー・リトル・ジョンさんと右上のドクテリーさんの作品は、ま、可も無く不可も無しといった感じでございます。
ココhttp://shopping.yahoo.com/p:Bandera%20Blues%20and%20Gospel:1921462785
で何曲か視聴できますので、どうぞよろしく。

てなわけで、そろそろ暑苦しくなって来る時期です。
今のうちにジャンプものを聴いて、皆様体力を鍛えておきませうね。
で、ワイノニー・ハリスでどや!

2008年6月13日 (金)

海遊館

Uamzj7mw
本日、海遊館まで遠足に行ってまいりました。
「1年次は長居公園の自然史博物館、2年次は天王寺動物園。
これでは、まるで小学校の遠足やがな。今年は、もうちょっと
マシな所を考えてくれ。」という生徒諸君の要望もあって、今回は、そこそこ皆も満足してくれた様でした。(と思いたい。)
人身事故のため南海電車のダイヤが乱れたり、ウッカリ者が、まちがって南港までバイクで行ってしもうたりという予期せぬハプニングもございましたが、なんとか無事に終了いたしました。

9mbjmpvk
                                           しかしまー、なんですな。誰が付き添い教員で、誰が生徒か判然とせん団体ゆえ、いっつも入場の際、係員の方には御迷惑をおかけいたします。「あー、すんません。その方、生徒さんですねん。いちおう私が引率責任者ちゅうことで、あ、それ先生ですがな。それ、先生ちがいます。『え?先生と聞いた?』。こらK、こんな時にしょうもない冗談言うてどないすんねん。
う〜〜ん。すんまへん。とりあえず先生方、こっちの方に集まってもらえますか。あれ?S先生どこさ行ったんや?」
と私も若干疲れてしまいましたとさ。

というわけで、魚にちなんで、ロバート・ペットウェイさんの
キャットフィシュ・ブルースをどうぞ。

2008年6月11日 (水)

おまわりさんごくろうさん

Jmja1jjv
昨日、自転車で帰宅途中(午後10時58分ごろ)のこと、派出所の前を通りかかったところ、いきなり数人の警官に停車を命じられました。
「もしもし、ちょっと自転車降りてこちらの方へ来てもらえまっか?」
「へ?なんか事件でもあったんですか。」
「ちゃいますがな。おたく、無灯火で走ってましたやろ。」
「あちゃー。すんまへん、以後気をつけます。あ、電気はちゃんと点きますよって大丈夫ですわ。わははは。」
「悪いですけろね、ちょっと住所とお名前の方、ひかえさせてもらわんならんのです。・・・・・。」
という事で、それから「自転車指導警告票」なるものを頂いてしまいました。(ちっとも欲しいことないねんけど・・・)
が○ゃこさんみたいに「これくらいの事でゴチャゴチャぬかすな
わ〜〜〜れ〜〜。」と一瞬抗議したろかいな、と思ったのですが
いかんせん生来の小心者の私のこと、「いやー、遅くまでご苦労さんですな。どもども。」と卑屈な愛想笑いを浮かべてその場を立ち去ったのでありました。

ま、交通ルールを守らなかったのは、たしかに悪いことに
ちがいないんですが・・・・。
しかし、ここのところ悪い事が続きます。
あ〜、いつまで続くのやら あ〜
てなわけで、しっとりセシル・ギャントさんの弾き語りをどうぞ。
え?ちょっと声が塩辛すぎる?
そう?うむむむむ。

2008年6月 6日 (金)

旧司法試験第二次試験短答式試験の結果

R3xmkxpt
本日、平成20年度の旧司法試験短答式試験の合格者発表が
ございました。
法務省の発表によると合格者は1605人。合格者の平均年齢は33.36歳ということらしいです。ラッキーな事に、今年も我が息子は、なんとかこの中に残れたのですが、さー、次の論文式が大変です。ここからが正念場。
激励のため息子に電話すると、これまた意外な返事。
「あ、そのことやけどな。もう論文式受けるのやめとくわ。
色々考えたんやけど、仮に弁護士なれたとしても生計立てて
いくのが大変らしいねん。新司法試験の方で、どっさり合格者出した結果、弁護士過剰の時代や。そやから、これから就職活動に専念するわ。」
「ひえ〜〜〜〜〜。ど、どう言うこっちゃ?」
「ま。将来、又、どうしても弁護士なりたい思た時は、自分で稼いで法科大学院行って出直すよってに。心配は御無用。ほな。」
「ほな、やあらへんがな。今から就職活動って、完全に出遅れてるがな。それにその坊主頭では印象も悪いがな。」
「大丈夫。大丈夫。なんとかなるやろ。今日は疲れたよって
電話切るで。」
「あ、切ってしまいよった。」

というわけで、わけのわからん結末となってしまいそうです。
既に嫁は半狂乱。娘は無関心。
我が家の崩壊も寸前か?

2008年6月 5日 (木)

これはなんじゃいな?

E5qsoe8q
昨年6月に成立した改正教育職員免許法に従い、昭和30年4月以降に生まれた現職教員は、自分の持つ免許状を各自で再登録せねばならない事になりました。
「ば、馬鹿にしとるんか、お〜!」「これは戦前の国家による教育統制の復活ですな。」「ラッキー!わしゃ28年生まれ。」
などと、職場では、そのあほらしい法律に不満が爆発しております。
私も先週から忙しい中、「なんで、今頃こんな事せんならんねん。責任者出て来い!」とあっちゃこっちゃ、ひっくり返しながら免許状を探しておったのですが、その際に見慣れない小さな桐の箱が出てきよりましたな。
ラベルの文字を読んでみると「臍帯御納器」とあります。
「え?臍帯ってへその緒のことやがな。ウ〜む。裏も見たれ
お!助産婦さんの名前が書いてあるぞ。大阪市住吉区粉浜本町〜電話番号もあるぞ。なになに電電住吉67−3○×△?
わはは、電電住吉やて。何のこっちゃ」と思わず時の立つのも
しばし忘れて自分の臍の緒に見入ってしまいました。
ま、ここ見てくれてはる方もおそらく持っておられるでしょうが、今はどうなのでしょうね?
息子と娘のは、貰った記憶が無いのですが・・・。
ま、どうでもええことですけど。
というわけで、本日はバーバラ・リンさんの映像をどうぞ。
ありし日のゲイトマウス・ブラウンさんの姿にも注目ですね。

ときに、マウス絵の歌姫、リンさんはどないしてはるんでしょう?元気にしてはるんやろか。