フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2007年5月 | メイン | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月28日 (木)

ブラインド・ゲイリー・デイビス

Or89fust
本日は久々にエヴァンジェリスト、ブラインド・ゲイリー・デイビスさんのアルバムのご紹介(YAZOO L-1023)。
ユーチューブの映像でもわかるように、この人も非常に流暢な独特のギターテクニックを持った人で、再発見された60年代以降は多くのアルバムを残したり、ステファン・グロスマンやらちょっと前にご紹介したローリー・ブロックなどの白人ヤングに多大な影響を与えた事でも知られております。
このアルバムは1935年にブラインド・ボーイ・フラー、ブル・シティー・レッドと共にニューヨークまで出かけて録音した作品を中心に編集されたものですが、この後、フラーはバリバリと多くの録音を残して人気者になったのに対し、デイヴィスさんの方は、僅か$50しかギャラを払おうとせず、ブルースの録音を強要するA&RマンのJ・Bロングにすっかり腹を立て「アホくさーてやってられるかい!」とレコーディングから遠ざかってしまいます。そういう事もあってニューヨークのハーレムなどで流しをしながら糊口をしのぐというタフな生活を余儀なくされてしまったというわけです。
幼い頃に間抜けな医者の医療ミスで失明するわ、父親は白人に殺害されるわとこの人もずいぶんと人生の辛酸をなめはったわけですね。
ちなみに、この方、転んで左手首を骨折したことで、変則的なコードを押さえる事ができるようになったらしいです。
ギター名手の方々には、ぜひこの方のギタースタイルを取り入れていただきたいものです。

2007年6月21日 (木)

セクレタリアト

Ymmeww01
本日は久方ぶりのお馬さんネタ。
競馬好きの方々なら先刻ご承知とは思いますが、米国の
三冠馬にセクレタリアトという途轍もなく強い馬がおりました。高校生の頃、ニュースか何かで三冠目のベルモント・ステークスの映像を見たのですが、そのあまりの人間離れ、いや馬離れした強さに「えげつな〜〜」と今は亡き岡八郎のギャグが口をついて出てしまったことを思い出します。
実に2着馬を31馬身もちぎってのゴール。ダートコース2400M(12F)
2分24秒という、いまだに破られることのない驚異のレコードタイム。幸いなことにユーチューブ(またか)にそのレースの模様がアップされておりますので、ぜひご覧あれ。
痺れまっせ。

2007年6月16日 (土)

エリザベス・コットン

Qvp9elyx 本日は1960年代のフォーク・ブームの頃、大きな影響を
及ぼしたエリザベス・コットンさんのご紹介でございます。
ま、映像を見てもろたらわかると思いますが、この方、左利きでギターの弦も上下を張り替えないため、高音のメロディーラインを親指で、低音のベースラインを人差し指で弾くという独特の奏法でお馴染みでございます。
「なんで二本の指しか使わんの?」と思うのは野暮というもの。究極の自己流奏法にケチをつけてはいけません。
有名なフォークソング一族のシーガー家にたまたまメイドとして雇われたことから「うわー!あんたえらいギター上手いですがな。え?何十年も弾いてなかった?それは勿体ない。ぜひレコード吹き込みなされ。」と説得されて行った初レコーディングが63歳の時の事。その後93歳で天寿を全うするまで音楽家としての後半生を送ったエリザベスさんですが、
こういう音楽を聴くと本当に心が洗われますね?

せっかく心清められた所へ水を差すようですが、オマケは下品さではピカ一のハウンドドッグ・テイラーの映像。
途中で画面が止まってしまうなど状態は最悪ですが、削除されてしまわないうちに急いで見ましょう。

2007年6月11日 (月)

懐かしのCM

          本日は懐かしのテレビコマーシャル。
まず最初は、松下電気の「三種の神器」CM
�電気冷蔵庫
 「お台所のスーパー・マーケット」という台詞が時代を感じさせてくれますね?1960年代当時は、まだスーパー・マーケットなんて都市圏の一部にしか無い珍しい存在やったわけで、まだまだ一般庶民にとっては高級なイメージでした。
�テレビ
 「人工頭脳テレビ」ってどんなんや?と突っ込みたくなりますが、この時代はコンピューターなどという洒落た言葉も無く、電子頭脳とか人工頭脳と言ったお年寄りにも解りやすい言葉が使われてたんですね。
今や日本語化したデザインというのをディザインと発音してるのも面白い所でございます。
�電気洗濯機
 ハンドルでローラーをグールグール回して手動で脱水してた時代から、モーターの回転で脱水するという夢のような脱水機のついた洗濯機がこの頃から登場したのですね。


不二家チョコレート「ルック」
 このチョコレート、まだ店頭で売られているのでしょうか?最近見たような見てないような・・・。
しかし、マイナーな歌謡曲風の音楽と映像とが全然マッチしていない所が不思議な雰囲気を醸し出しておりますね?


最後はサントリーのトリスウィスキーのCM
まだ、この頃はハワイへの海外旅行なんぞは夢のまた夢・・・アップダウン・クイズで10問正解するぐらいしか庶民に術はございませんでした。
ところで「積立預金証書」ってなんでしょう?それに為替自由化後実施という条件までついてますね。う〜〜む。

2007年6月 8日 (金)

気分はすっかりファッツ・ウォーラー

2004年10月22日に稚blogを始めてから約2年半、エントリー数がとうとう400になりました。まさに「塵も積もれば山となる」、「枯れ木も花の賑わい」といいますか、たとえ内容のない記事であってもここまで続ける事が出来るとは夢にも思いませんでした。これもひとえに、ここを覗いてくれてはる方々のお陰でありまして、「そんなおもろない記事読みとうないわい!責任者でてこい!」と言うお叱りもなく、辛抱強く訪れてくださっている事に深く感謝いたしております。
ま、この先いつまで続くかわかりませんが、これまでどおり
よろしくお願いいたします。
と、話を終えようとした所、私事で恐縮なのですが
非常に嬉しいニュースが飛び込んで来ましたがな。
なんと東京で学生生活を送ってる息子が旧司法試験の短答式試験に合格したらしい。
「虎の穴」、いや「炎の塔」という所で日夜勉強に励んでいる(ほんまかいな)とは聞いてたのですが吃驚仰天でございます。しかし、続く論文式試験と口述試験を突破して最終的に合格するのは至難の業で(去年の最終合格率は1.81%らしい)、いくら親バカとはいえ冷静に考えて、息子に合格するだけの実力があるとは思えませんな。
ま、しかしそうは言っても私としては、第一関門を突破してくれただけでも鼻高々でございます。
「これはひょっとして霊験あらたかなMOJO-Tのおかげやあるまいか?がちゃこさんの方に足向けて寝られんぞ」
と思ふのでありました・・・。

2007年6月 6日 (水)

ユリの花

Znlr1auc
我が家のユリの花が咲きました。
いやー、しかしデカイ。どういった種類のユリかは
おりやん姐さんに聞いてみないとわかりませんが
チューリップでない事は確実のようです。
ユリといえば、やはりイメージするのは女性ですね?
それも清楚で美しい・・・。
というわけで、本日は荻哲さんの所でも紹介されておりましたローリー・ブロックさんの演奏をどうぞ!曲はロバート・ジョンソンのterraplane bluesです。
「人の記事に便乗してどないすんねん!」
「とうとうネタも尽きたか」
「これぐらいの演奏なら、ワシにもできるぞ!」
等々、お叱りの声が聞こえてくるようですが、本日は
とりあえずご容赦のほどを・・・

ついでに元アルバート・コリンズのバンドメンバー、
デビー・デイビス嬢も行ってみよう!

2007年6月 1日 (金)

ボビー・ブランドのサイン

A5gq04lv
昔のザ・ブルース誌を読み返してたら、なんとボビー・ブランドのサインを発見いたしました。すっかり忘れてましたが、あのボビー・ブランドさんに書いてもらってたんですね〜。
いやー参った参った。
しかしビッグ・ジョー・ウイリアムスやゲイトマウスさんと直接握手をしたり、BB・キングの投げたピックをキャッチしたりという皆様方の様な感動的な想い出が伴わない事が原因なのか、もひとつ嬉しくございません。
「うわ、うっわ〜、ボビー・ブランドさんはでかい!顔も
バスケットボール大や!」という、どうでもエエ様な記憶は鮮明に残っておるのですが・・・。
と言うわけで本日はBBキング&ボビー・ブランドさんの映像をお楽しみください。