フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2006年7月 | メイン | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

懐かしのCM

がちゃこ氏のblogをきっかけに、話題騒然のキャバレー・サンでありますが、残念なことにCMのテーマソングが思い出せない。「このままでは痴呆化が進行する一方や。なんとか当時のCMを見れるサイトは無いものか。」 と、あっちゃこっちゃ検索しているうちに「昭和映像劇場」という所にたどりつきました。いやー、懐かしいCMが紹介されておりますね?青春が蘇ります。中でも私が個人的にお世話になったのが喜多商店のCMでして、世界史の授業教材の一つとして使わせていただきました。
「・・・というわけで、ガリアに遠征したカエサルは、ローマの元老院に戦勝報告をするわけやけど、そこはキケロと並ぶ名文家のカエサルや、くどくどと、長ったらしい文章を書くようなことはせんわけや。たった三言veni vidi vici、来た見た勝った、ちゅうて書き送ったんやね。・・・・それから、カエサルは、日本橋にテレビ買いに走りよるんや。」
「アホくさーー」
「な、何がいな?」
「言いたいことは、バレバレやで。オチは、『来た見た買うたの喜多商店』やろ?しかし、あれやね、CM考えた人は、なかなか大した人やんか。マジな話。先生とえらいちがいや。」
「じゃ、じゃかわしわい!」
と、お陰様でアカデミックかつ格調ある授業が展開できました。                                                                           
なお、もっとこの手のCMをご覧になりたい方はココも覗いてください。
原型を留めてた時期のマイケル・ジャクソンや、なぜか裸の女性が登場する放出中古車センター 、カジノ ド 三宮等々の作品が見れます。
え?もうええ?・・・すんません。

2006年8月24日 (木)

ジョー・エル

C_cbwrqy
本日ご紹介するシングル盤は、デトロイトのブルースマン「ジョー・エル」によるプリーズ・ミスター・フォアマン。(元ヘビー級チャンピオンのジョージ・フォアマンとは関係ありません。念のため)
「主任さん、頼むから組み立てラインのスピード下げてーな。働くのはかまわんけど、死ぬのはいやですねん。家には病気がちの嫁もいてまっさかい。」と、あのハイ・サウンドを従えて、渋く骨太に歌ってはります。おそらく、これを聴いたデトロイトの工場労働者のオッチャンらはバーボン片手に「よう言うてくれた。ええど、ええど。」と喜んだと思いますが、どうでしょう?
ハイ・レーベルといえばソウル専門のレーベルと思われがちですけれども、、この手の商売にはならんようなブルースも出してたんですな。( 昔リバー・タウン・ブルースというコンピ物が本邦でも発売された事を記憶されている方も多いと思います。)
ちなみに、このジョー・エルさんですけど、あと2曲ほど録音してるらしいという意外、詳しいことはわかりません。というか、私は知りません。
ご存じの方がおられましたらぜひご教授の程お願いいたします。

2006年8月22日 (火)

福一屋の「カレーうどん」

Quhtszap
「 福一屋  」!あの「プロのカレーうどん食い」ささき師匠が太鼓判を押す伝説の店。 本日、野暮用で上六へ行くことになったので、これ幸い、と足を運びました。
実は昨年、道を迷いに迷ったあげくにようやくたどりついたものの、盆休みのため涙を 飲んで引き返したという苦い経験を味わったので、今回は、その雪辱戦となるわけです。
谷町九丁目から長い地下道を通って近鉄百貨店方面へ(道順は完璧に頭に叩き込んだぞ)
「そやそや、この道や。うん?しかし、この漠然とした不安はなんだろう?もしかして、今日も休みとか?ははは、そんなわけないわな。盆は先週で終わっとるがな。開店の12時まであと5分。ちょうどピッタリの時間に着くぞ。へへへ。」と期待に胸を膨らませて店についた途端、店先に張り紙が・・・・・

   

本日まことに勝手ながら休ませていただきます。
                    む、無念じゃ。

なお、ささき師匠の汗と涙とヨダレの「カレーうどん食べ歩き記」はココをご参照あれ

2006年8月18日 (金)

ドリームランド閉園

Ucj397my 遊園地の老舗「ドリームランド」が、この8月をもって閉園になるらしい。「あやめ池遊園地」も数年前に姿を消したので、奈良県に残る遊園地は「生駒山上遊園地」だけになってしまう。時代の流れといえばそれまでかもしれないけれど、「遊園地 」という言葉の響きに胸のときめきを感じてしまうオッサンとしては、非常に寂しい気持になってしまう。    ドリームランド・・・。出来た当時は「日本のディスニーランド」とか呼ばれて、最高級の遊園地やった。「めったに行かれない場所やから奮発してカラーフィルムで写真を撮ったるぞ。」「ちゃんとハンカチとハナカミ持ったか?きっと他の子どもはエエとこの子ばっかりやろから、青バナたらしとったら笑われるで。」等々、出かける前から家中大騒ぎやった事を思い出しました。
嗚呼、昭和は遠くなりにけり。

2006年8月11日 (金)

カミンズ・プリズンファーム

Uu1csjel
  本日のアルバムはPヴァイン・レーベルの記念すべき第一作「カミンズ・プリズンファーム」でございます。このアルバムの中心は何と言ってもカルヴィン・リーヴィさん。刑務所に於ける黒人囚人殺しを題材にしたアルバムのタイトル曲も凄いですが、切々と迫るソウル・バラードの「ナイン・パウンド・スティール」も感涙ものでございます。ジェシー「ギター ・ボックス」なる謎の人物の「ハート・トラブル」というホットな演奏も、この糞暑さを、いやましに加速させてくれはります。 たしか、このアルバムは、CDでも発売されていると思いますが、昔、「ザ・ブルース」紙が、レーベルを立ち上げてこれを発売すると知った時には「マイナーな雑誌が無謀な事を。ムチャしないな。会社潰れるがな。」と人ごとながら心配し、発売日にサカネに直行した思い出がございます。(しかし、Pヴァインさん所も昔とちがって、最近では手広くCDをドバッと出して繁盛されてるみたいですね?)
下の画像は、このアルバムに含まれなかったカルヴィン・リーヴィのシングル盤。A面のタンパレッドでお馴染みの「IT  HURTS  ME  TOO」が秀逸!ヘビーなウォーキングベースに乗って迫ってきはります。Y5jiy7gj

2006年8月 9日 (水)

太陽光発電

Bl4bcfbh 一度はその導入を諦めた太陽光発電でしたが「どうせ家のローン払っていかなあかんのや。この際、いてまえ、いてまえ」と調子に乗ってシャ○プ製のを設置いたしました。(といってもモジュール16枚の僅か2.5kwでして、ヨコヤマ大先生の所の3.5kwのそれに比べればショボイですが。)
  ま、経済的なメリットはそんなに期待はしてないのですが、時々刻々、消費電力量と発電電力量を表示するモニター君は、なかなか楽しませてくれます。「今1.56kw発電しとるぞ、1.32kw売ってるな?よっしゃよっしゃ。あ!曇って来たがな。発電量がグングン低下していく・・・。が、頑張らんかい!根性や!お、照ってきた照ってきた。ええぞええぞ、その調子。ありゃ?いっぺんに買電量が増えた!あかんがな電子レンジつこたら。き、切らんかい!」と子供みたいにワーワー言ってる糞暑い、けふこの頃でございます。

2006年8月 6日 (日)

パーシー・スレッジ

N0dbltxo
本日、近所の「100均ショップ」へ 掃除用スポンジを買いに行ったついでに色んな商品を物色しておりました。すると、売り場の片隅にCDコーナーがありましたな。
「どうせ『ムード歌謡全集』とか『懐かしの童謡集』とか、その手の類の商品ばっかりやろな。」と大した期待もせずに見て回った所、なんとベッシー・スミスやらメンフィス・ミニーまで並べられておるではおまへんか!いやー、最近の100均ショップも侮れん様になりましたね?と言うわけで、本日、購入したのがパーシー・スレッジの中途半端11曲入りCD(消費税込で210円也)。パーシーさんといえば何と言っても大有名曲「When a man loves a woman」で皆様ご存じだとは思うのですが、私は、今ひとつ苦手でございまして(昔買ったアルバムも即、中古レコード店直行しました。ファンの皆様ごめんなさい。)今回も迷いに迷って手に入れた次第でおます。しかし、久方ぶりに聴いてみるとなかなかエエね?

それにしても、このCD韓国製ということらしいですけど、イラストが今ひとつですね?最初見たときは具志堅用高かいな?と勘違いしかけた程、パーシーさんと全然似てませんね。近所のオッチャンみたいですね。マウス絵の大家lyne女史の作品に比べれば月と泥ガメですな。

2006年8月 1日 (火)

ニッチ

Lah5pwbq
  おかげさまで引っ越しも無事に完了し、荷物の整理に入った所でございます。
ところで、玄関に入った正面にニッチを設けたのですが、なにを飾ったらええのやろ?と考えておったところ、昨日「そや、ブルースマン顔面大写しジャケットを置いたらどやろ?」と早速ブッカ・ホワイトさんでためしてみました。「ええがな、ええがな、日替わりでライトニンさんとかウルフさんとか、かわりべんたんで設置するのも面白い!」と悦に入っておったのも束の間「そんな不細工なオッサンの顔を飾ってどないすんのん!」と嫁の物言いがつきましたな。「ぶ、不細工ってなんやねん!天下のブッカさんや。文句あるんか?え?捨ててしまうって? それだけは堪忍。片付けさせてもらいます。」と、せっかくのアイデアも却下されてしまいました。ほんま、にっちもさっちも・・・

あ!さっちもと言えばルイ・アームストロングや。(まだ言うか?)