フォトアルバム
Powered by Six Apart

2013年3月16日 (土)

ジョージ・「ビュレット」ウィリアムズ②

Bw_3

ところでウィリアムズさんは、無類の酒好きやったとか・・・?

そうやがな。どこで演っても、最後はアイツが酔いつぶれて終了って具合でな。しかし大いに盛り上がったもんやぞ、おもろかったなあの頃は・・・・。しかし、酒好きというよりもアルコール好きと言う方が正確な表現じゃな。

といいますと?

あの頃は禁酒法真っ只中の時代や、金はあっても肝心の酒がなかなか手に入らん時代や。密造酒なんかもあったが、手っとり早いのはアルコールが含まれた代用品で済ますのが一番じゃ。

そこで、台所用燃料のキャンド・ヒートの出番ですか?トミー・ジョンソンが嗜んでた。

いや、アイツが愛飲してたのは、遺体の洗浄なんかに使われるアルコール製品やったな。いっつもテーブルの下なんかでチビチビと飲んどったんや。

い、遺体の洗浄用のですか・・・・。

それよりアイツは酒癖が悪ぅてな。時々、すっかり人間が変わってしもうて難儀したもんや。『何ぬかしてけつかんねん、よっ!わっれ~』とか言うて、人の話は聞かんわ、やたら突っかかってくるわと手がつけれない状態や。

ははは、その手の人けっこういてますね。

あれはいつやったやろ?酔っぱらって夜中にグレンドーラのマイク・スターディバントとか言うプランターの屋敷の前を通りかかった時の事や。

ふむふむ

いきなりジョージのヤツ、大声で悪態つきだしよってな。急いで近くの草むらにアイツを引っ張りこんで『あほなことしたらあかんがな。殺されてしまうぞ!』と言うたったんや。そしたらジョージのヤツ、『どうせワシら人間は遅かれ早かれあの世行きじゃ!殺されたろうやないかい!」と来たもんや。いや~あの時はさすがのワシも肝を冷やしたで。

しかし難儀な人ですね

難儀と言うか何と言うか・・・。それからしばらく後には、酒飲んで騒いだことが原因でポリ公に検挙されてしもうて、タラハッチー郡で強制労働させられる羽目になってしもうた。

Georgiachaingangloc_3c27557r

あじゃぱ!やっぱり。ロード・ギャングという苦役ですか

あじゃぱ、やないがな君。サービスか何か知らんけど、いきなり直接関係のない画像を出すなと言うてるやろ。せっかく今日はワシの若い時の写真を使ってくれたので誉めてつかわそうと思ったのに・・・

ところてん、先ほど話に出て来たマイクなんちゃらというプランターですけど、この人の農場で働いてたのがウィリアム・ハリスさんでっしゃろ?たしか。

誰やそれ?聞いた事あるような、無いような・・・

この人でんがな。


YouTube: WILLIAM HARRIS I'M LEAVIN' TOWN.wmv

ほ~。典型的なデルタ・スタイルやの、なかなかエエがな。

一番最初にレコーディングしたデルタ在住の人らしいのですが・・・・。

さよか。会った事があるかも知れないけど、覚えてないんや。なんせ当時のミシシッピは、ギター一本を背たろうて、あっちゃこっちゃ流して回る連中がたくさんいてたからな。

さらに続く

 

2013年3月 9日 (土)

ジョージ・「ビュレット」ウィリアムズ

Zbukkawhite5「おまたせしました、ブッカさん。それではジョージ・ウィリアムズさんについてお聞かせください。」
『おまたせいたしました』やあらへんがな、いつまで待たせる気やねん、ほんまに。仕事の遅い奴やの毎度の事ながら・・・。
「すんません。私も卒業式やらなんやらで年度末はなにかと忙しい。」
「言い訳は無用じゃ!」

「トホホ。それでは、ジョージさんと最初に出会われた時に遡ってお話おばお願いします。」

「よっしゃ。あれは確か1928年の1月やったな。わしがギターを背にフラ~っと1軒のカフェに入った時やった。そこでハープを吹いてる男がおってね。夜の演奏前に仲間内のために演ってたらしい。」

「それがジョージさんとの初顔合わせですね?」

「そうや。カフェの名前は忘れたが、ミシシッピのBaptervilleにあった店での事や。『そこの若いの、ギター弾けるみたいやから、ちょっと一緒に演らへんか』とジョージから声をかけてもろてジャムったのやが・・・。」

「どないでした?最初の共演。」

「どないもこないも・・・。ワシはギターをオープンGに合わせてたんで、ちょっと不安やったのや。というのも、それまでオープンGに合わせてハープ吹ける奴なんていてなかったもんでの。しゃ~けど、ジョージは何の苦も無く演奏しよった。『キーが何であれ、どんな曲でもお茶の子さいさい屁の河童』ちゅうてね。」

「ほ~。」

Coloredcafe 「ところで、いきなり右の画像が現れたけど?」

「字ばっかりやと、読んでくれてはる方々も退屈されると思って、ネットからそれらしいカフェの画像を取ってきましてん。」

「何か人の話も上の空でゴソゴソやっとると思ってたら。しょうもない。」

「読者サービスですがな。それより話の続きをばお願いします。」

「それから、すっかりジョージと意気投合してな。二人でコンビを組んで活動することになったんや。ジョージは一所に落ち着くことのできん根っからの放浪者。ワシも若かったし、あっちゃこっちゃ南部一帯を旅して巡ったもんや。チャールストンからグレナダ、ヒューストンからホリー・スプリングス・・・。面白かったな。」

「一番印象に残ってる場所といいますとどこでしょうか?」

「それは何といってもデルタのグレンドラという町にあったバレルハウスやね。たしかエディー・スミスちゅうオッサンが経営してた場所やった。ワシらの演奏が評判を呼んで、毎晩50ドルの荒稼ぎや。お互いが50ドルやで。人生で一番稼げたのがあの時や。今思い出しても笑いが止まらんぞ。わははははははは。」

「50ドルとは大した額ですな?当時としては。」

「そやろ?当時ステラ製のギターが10ドル前後やさかい、ギター5本分が買える金額や。計算わかる?50÷10やで。」

「わからいでかい!ところで、当時はどのような曲を演奏されてたんでしょうか?」

「一番受けたのがブラインド・レモンの曲や。I was broke and hungry,ragged and dirty, too.」

「これですか?」


YouTube: BLIND LEMON JEFFERSON - BROKE and HUNGRY

「そうそう。これを鉄壁のジョージのハープ+ワシのヴォーカル、ギターでアレンジしての。他にジョージはTHE HOUNDちゅうのやらFRISCO LEAVING BIRMINGHAMといった曲を例の裏声で唸る必殺技で披露しよったな。」

「その頃の録音が残されていないのが残念でございます。」

「FRISCO LEAVING BIRMINGHAMで思い出したけど。実はワシの列車モノマネ・ギター奏法もジョージのおかけで編みだせたのやで。『ハープでの効果をいかにギターで表現できるか』と試行錯誤したおかげでな。」

「たとえば1930年にビクターに録音されたコレなんかがそうですね?」


YouTube: Bukka White-The Panama Limited

「そうや。しかし、画面が上下に動いて目ぇがチラチラするやんけ。どないかせんかい!」

「どうにかしろ、と言われましても私の力ではどうにもなりませんで。ユーチューブにアップされた本人に言うてもらわんことには、どないもこないも・・・。」

「フン。役に立たん人間やのぅ、まったく。もうええ歳やねんから、ちょっとはシッカリしてや。いやほんま。」

続く

2013年3月 2日 (土)

TOO LATE, TOO LATE BLUES

Cimg1508

本日は、新たに発見された作品や珍しい別テイクを集めたドキュメントのCDの御紹介。
現在Volume13まで続いているシリーズ物の第1作目でございますが、その中味は非常に
濃いものとなっております。お馴染みの方々の作品がほとんどですが、いずれ劣らぬ力作揃いで安心して傾聴できますね。(どんな方々が収められてるかは、写真をクリックしてお確かめください。いちいち書くのもじゃんくさい)
なかでも、私が特に気に入ったのがジョージ・「ビュレット」ウィリアムズのFRISCO LEAVING BIRMINGHAM! ハーモニカによるトレイン物ですが、その迫力には圧倒されますな。
特に難しいテクニックを使ってるようには思えませんが(ちごてたらすんません。)、疾走する列車の姿が目に浮かんでくるようです。吹きながら裏声で唸る必殺技も繰り出してくれてますね。

ちょうどユーチューブにアップされておりますのでお聴きあれ。(それにしてもまだ261人しかご覧になってないとは・・・とほほ。)


YouTube: George "Bullet" Williams - Frisco Leaving Birmingham (Take 3)

さて、このジョージ・「ビュレット」ウィリアムズさんですが、1928年にパラマウントに4曲を吹きこんだ事以外に現在知られているのは、①1910年頃にアラバマあたりで生まれたらしい②あのブッカ・ホワイトさんと一時活動していた③大酒のみやった④1940年頃にお亡くなりになったらしい。といった事ぐらいで、あまりわかっておらないようでございます。ネットで先途検索しても埒があきまへんね?

「ジョージの事やったらワシが教えたるがな!」

「あ!ブッカ・ホワイトさんではございませんか?お久しぶりでございます」

「お久しぶりやあるかいな。前に聞きたいことがあったらいつでも来いと言うたったやろ?」

「そうでしたか?最近めっきり記憶の方が・・・・」

「いつ出番が来るかとウズウズしてたがな。しっかりしてもらわんと困るがな。」

「すんません。それでは次回からよろしく語ってくだされ」

「よっしや よっしゃ」

続く

 

2013年1月18日 (金)

古道「七曲道」

Cimg1503

先ごろ、全国的に大きな反響をよんだ古道「七曲道」に行ってまいりました。
え?「何やそれ、奈良県だけの話題ちゃうんけ」やて?さよか。
(ま、詳しくはココみてもろたら話が早い)

家から歩いて約30分程度の近場やし、町内の方もボランティアで活動してはるということもあって、雪のちらつく中を散策したわけですが、なかなか風情のある道でございました。

Cimg1504

途中で「通行止め」の標識にぶち当たり、『無視して行こか、行こまいか』と迷ったのですが、遭難したり生き倒れになってしまう危険もありそうだったので(ほんまか?)涙を飲んで引き返してまいりました。

この古道が完全に復元された暁には、ぜひ一度大阪まで、いやさ、職場まで歩いて行こうと決意いたした次第でございます。(ま、それまで生きてたらの話ですが・・・・・)

というわけで、オマケはエディー・ラングとロニー・ジョンソンのギターが聴けるこれをどうぞ。


YouTube: Blind Willie Dunn's Gin Bottle Four - Blue Blood Blues (1929)


2013年1月 4日 (金)

ウイリー・ラヴ

Cimg1501

トランペット・レーベルといえばエルモアの「ダストマイ・ブルーム」やサニーボーイⅡの作品群が有名ですが、本日御紹介するSPはピアニストのウイリー・ラヴさんの作品でございます。
ウイリー・ラヴ、日本語に訳せば「鵜入理棒・愛」ですか。(無理やりか)。「愛」といえば、その昔グループ・サウンズ全盛期にこんな人もいてましたね。今は、もうとうに還暦も過ぎてはると思うのですが、この話ぶりから「はたして無事に人生の荒波を乗り越えることができたのやろか?」と他人事ながら心配するのは私だけですかね。
と、しょうもない前振りはおいといて、本日御紹介するウイリーさん。唯一の写真が残されているのですが、皆さまどのような御感想を持たれるでしょう?
Willielove

その昔、「いまひとつ似合わない貧相な背広姿。靴下も履いておられないようにも見えるし、なぜスタンド・マイクを持ってるのか(護身用?)。ムムム、きっとこの人の作品もパッとしないものにちがいない。」という誤った偏見を持った私は、愚かにもウイリーさんに対して食わず嫌い、いや、聴かず嫌いとなってしまったのですが、このSPを聴いて遅ればせながら、目から鱗。「人は見かけで判断したらあかんよ。」という教訓を学んだのでございます。


YouTube: WILLIE LOVE - EVERYBODY'S FISHING - MY OWN BOOGIE - TRUMPET 147.wmv

どないだ?このドライヴ感。エルモアのギターも快調、トタン板を叩いているような安っぽいドラムの音(良い意味でっせ)。いまどきの規格化された音楽には無い野性味たっぷりの演奏が聴けるではあ~りませんか。B面のくっさいサックスもこれまたよろし。A面のバックコーラスでEVERYBODY'S  FISHINGと歌ってるのがエルモアなら、「ダスト・マイ・ブルーム」以前のヴォーカル吹き込み?となるのですが、その真相や如何に!?残念ながらこの方、1953年に酒の飲みすぎが原因でお亡くなりになってしまうのですが、もう少し長生きされていれば友達のサニーボーイⅡ(ライス・ミラー)みたいにシカゴに進出してブイブイいわせてたかも・・・。

それはともかく、このEVERYBODY'S  FISHINGという曲、釣りのお供に最適な曲ではないでしょうか?これを鳴らしながら釣り糸を垂れれば、蛸も鯰もヘラブナもリズムに乗って集まって来て、クーラーボックスもあっというまに満杯状態!!あきまへんか?

 

2013年1月 1日 (火)

2013年

21gocmrtenblqdmrd6j9kqtuvf73100


YouTube: 'Lazy Black Snake Blues' JOSH WHITE (1932) Blues Guitar Legend


2012年12月26日 (水)

2013年 ブルース・カレンダー

Cimg1498

3年ぶりに参加させていただき、1年分の笑いをいただいた象乃会も無事終了し、今年も残す所あと僅かになりました。大掃除やら買出しやらなにかと忙しい所ですが、本日は来年度のブルース・カレンダーの御紹介でございます。
「またか?オマエはテフテラーのまわし者か!」「その場しのぎのネタで誤魔化す気か!」という非難の声も聞こえてまいりますが、しばしの御辛抱を・・・。
今回のカレンダーの目玉は何と言ってもリル・マクリントック(初対面!なぜに山高帽子?)と鮮明なクリフォード・ギブソンの写真が紹介されている所でしょう。オマケCDも「あっ!!」と驚くような作品は少ないですが、お馴染みの方々の代表的な作品が多く収められており、けっこう楽しめるのではないでしょうか。
個人的には、昨年も収められていたハーラム・スカラムの「アラバマ・スクラッチ」が一番興味を引かれた作品でございます。ビッグビルのギターも快調に飛ばしますが、何といってもモーゼル・アルダースン嬢の酔っ払いぶりが素晴らしい!これ、完全に出来あがってはりますね。
パラマウントのグラフトンのスタジオにはレコーディングルームの横に酒の貯蔵庫があって、演奏の前には自由に酒を飲ませていた、ということですが、下品な笑いっぷりから飲みすぎて完全にハイになってはる様子が伺えて聴いてるこっちまで楽しくなってきます。
このモーゼル・アルダースン嬢ですが、カンザス・シティー・キティーやらメイベル・リーやらジェーン・ルーカスやら多くの変名で録音は残してはるのですが、その正体はよくわかっておらないのが残念でございます。
しかし、ここで引き下がるのも片腹痛い。いろいろ調べて、やっと1927年5月27日付のシカゴ・ディフェンダー紙に掲載されたブラック・パティレコードの広告にそのお姿を発見いたしましたぞ。どや!これがピアニストのブラインド・ジェームス・ベックと共に紹介されたその正体じゃ!
Cimg1500

え?何ですか?ようわからん?一回、眼医者に行きなはれ。

ということで、本日はおそらくアルダースン嬢が完全に酔っ払う前に録音したと思われるお馴染みのこの曲でおひらきといたします。


YouTube: HARUM SCARUMS - Come On In (Ain't Nobody Here But Me)


2012年12月18日 (火)

ルイーズ&フェレーラ

Cimg1494

「パラマウント盤のええやつが欲しい。けど、パットンさんやレモンさん、ブレイクさんなんかは、めったにお眼にかからないし、貧乏人には高嶺(高値)の花・・・」ということで、ちょっと目先を変えて購入したのがこの一枚。ルイーズ&フェレーラ夫妻によるハワイアン物でございます。
「この糞寒い時期に何がハワイアンじゃ!」というお叱りの声もあろうかとは思いますが、結構珍品としての価値があるのではないでしょうか?(知らんけど)
木下氏のブラインドブレイク盤と比較してもろたらわかると思いますが、鷲が地球を掴んでるデザインでは無くて、蓄音機の上に乗ってまっしゃろ?
Dsc01622
木下氏所有のブラインド・ブレイク盤
レコード番号も2040番ということで、おそらく1917年か18年頃(まだブルース等の黒人音楽の録音すら考えられていなかった時代)の盤だと推測できますな。スリーブも当時のままのやつや。どや!
と自慢したい所ですが、世の中そんなに甘くは無い、なんとこれ縦振動盤でんにゃわ。縦振動盤ちゅうたらエジソンの蝋管式蓄音機の事やとばかり思い込んでおった無知な私はビックリするわ、がっかりするわ・・・・。
どうやらコレ、普通の蓄音機では再生できないようで、レコード・プレーヤーで聴くにしても専用の針が必要らしいということでございます。

しかし有難い事に、彼らがビクターに吹き込んだ同じ作品がユーチューブにアップされてますので、ちょっとお聴きください。


YouTube: Hawaiian Hula Medley

どないです?婿はんのフランク・フェレーラの正確なスライド・ギターはなかなかのもんですね。
ハワイアンについては、全く無知な私ですがこのフランクさん、当時は大変な人気を博したようで録音もコロンビアやビクター、パテ、エジソン、ジェネットとあらゆるレーベルに残したんやと。
Frankferera_helenlouis

へてから私が特に興味を引かれたのは、嫁のルイーズさんを巡る不可解な事件でございます。
1919年の12月19日、夫妻はロスからサンフランシスコに向けて蒸気船に乗り込んだのですが
その航海中、忽然とルイーズさんは姿を消してしまったそうな。事故か自殺か、はたまた神隠しか、いまだにその真相は藪の中らしいです。この後、フェレーラ氏はルイーズの妹とコンビを組んで活動を続けるのですが・・・・・。このあたり、ちょっとしたミステリー小説の題材にでもなりそうな話ですね。

2012年12月11日 (火)

ゴリー・カーター

Cimg1493

本日は久々の戦後物。フリーダム・レーベルのゴリー・カーター。フリーダムは、1949年に設立されたテキサス州ヒューストンのレーベルで、一時は以前御紹介したゴールド・スターと張り合うほどの勢いがあったのですが、マイナーレーベルの悲しさ。販売ルートの無さからわずか3年ほどの活動後、ピーコックに身売りすることになってしまいます。ま、よくあるパターンといえばそれまでですが、こういった弱小レーベルこそがブルースの歴史を支えて来たのではないでしょうか?

P38477dasdt

本日御紹介するゴリー・カーターは、Rock Awhileでこのレーベルの最初のヒットを飛ばし、コーラルやインペリアルなどにも吹き込むなど、一時は相当な人気も博したようですが何時の間にやら歴史の闇に消えて行かれた方でございます。ちなみに当初はそのRock Awhileを手に入れるべくオークションにbetしたのですが残念ながら敗北を喫し、リベンジの意味をこめてシー・イズ・マイ・ベスト・betを勝ち取りました(なんのこっちゃ?)。残念ながらこのSPはユーチューブにアップされておりません。しかたがないのでテキサス・ミュージシャン・ミュージアムの館長がRock Awhileを聴かせてこれが「最初のロックン・ロールでんがな」とオッサンに説明しとる映像(なんべんも『49年ですけ?』『49年』と質問する所が鬱陶しいですが・・・)と、hoy hoy(1516)をお聴きあそばせ。


YouTube: First Recording of Rock N Roll by Goree Carter, 1949



YouTube: goree carter & his hepcats hoy hoy

ちなみに、これを手に入れた直後、カーター繋がりでボー・カーターのヴォカリオン盤を落札したのですが(なんと激安50ドル!)、先方からキャンセルされてしまいましたとさ。

それはないやろ!!!

2012年12月 4日 (火)

クレオ・ブラウン

Cleo_brown

本日は、女性ピアニスト兼小唄歌いのクレオ・ブラウン嬢のSP盤の御紹介。
ま、この手の作品は、コアなブルース・ファンにはもひとつ人気がございませんが
「食べ物と一緒で、好き嫌い無くなんでも聴かなあきまへん」というわけで、頑張って?購入いたしました。原盤は勿論アメリカのデッカでっか?というようなオヤジギャグは置いておいても
コンディションがけっこうよろしおます。ま、別に驚くようなSPでもないとは思いますが、コンディションでいえば、いまの所、私の所ではナンバー・ワンといえるでしょう。
ところでこのブランズウィック盤ですが、おそらくドイツでプレスされたのでしょうけれども、どこで流通したものなのでせうか?
ボール紙製のスリーブに入れられて嫁入りしてきたのですが、独逸語が書かれているようにみえるものの、どうやらそうでもないようでございます。marken というのが地名ならオランダかいな?とも思うのですが・・。残念ながら蘭学の知識のない私めにはわかりません
ま、そんなことはどうでもええんですけろね。
Cleo_broun_sleeve

それでは、ユーチューブにアップされてるこの作品と、代表作のTHE STAFF IS HEREを御鑑賞あれ。